子どもたちの世界

2019年8月23日 カテゴリー:園内ブログ

夏のプールや水遊びを経験してから、子どもたちは体の使い方や動きがますます活発になってきました。

今日は雨なので室内で新聞あそび。

小さくちぎったり切ったり破ったりした新聞紙を、外の雨のように降らしてみたり、新聞紙の中に埋もれてみたり様々な楽しみ方で遊びました。

これまでは安全面の配慮もあり1歳児、2歳児と別で遊ぶことが多かったのですが、最近は1歳児の子どもたちが2歳児の遊びを見て真似をする姿も増えてきたので、一緒に遊ぶ時間を意図的に増やしています。

 

身近なお友達の姿を見て、

「やってみたいな」「あんなふうにするのか」と遊びに興味を持つ1歳児と、

「かしたげようか?」「〇〇ちゃんもしたいの?」と一つ年下の友達に気持ちを寄せる2歳児。

子どもたちの世界の中で、大人を介せず小さなやりとりが広がっています。