お弁当の日でした

2019年10月11日 カテゴリー:園内ブログ

当園では園内で給食をつくっていますが、年に数回ご家庭に協力いただき平日にお弁当の日を設けています。

朝の忙しい時間に普段は作らないお弁当を準備するのは大変なことですが、「お弁当」というのは子どもたちにとっていつもとは違うワクワクと期待感が膨らむ特別な日のようで、朝から「お弁当まだ?」と何度も聞いてくるほど。

ご協力ありがとうございました。

 

 

食べることは命を育てる基本です。

ただ食物を口にするのではなく、期待に胸を膨らませ食事を楽しみにすることも食育の大切なポイントです。

成長著しい子どもたちの食事が、体の栄養だけでなく心の栄養にもなってほしいという思いで食育に取り組んでいます。

 

気候が良くなり、本来なら近隣にお散歩に行ってシートを広げお弁当を食べたいところですが、1歳児は慣れた部屋でゆっくりと楽しみながら食べ、2歳児はお散歩気分も一緒に味わおうと保育園の前の広場で食べました。

おうちで作ってもらったお弁当を「みてみて!!」と嬉しそうに披露する姿がたくさん見られました。