ハロウィンパーティー

2019年10月30日 カテゴリー:園内ブログ

日ごろから「ねないこだれだ」や「おばけのてんぷら」などおばけが登場する絵本に親しんでいる子どもたち。

ハロウィンの意味は分からなくてもその雰囲気は楽しもうと、ハロウィンパーティーをしました。

 

パーティーとは言っても低年齢の子どもたちですから、おばけやかぼちゃを保育士が部屋の中に隠してそれを見つける遊びです。

見つかりにくいところに隠しても、期待をしながら部屋中を探す子どもたちにあっという間に見つけられてしまいます。

くり返し楽しんでいると、今度は保育士をまねて自分が隠す2歳児の子どもたち。

0・1歳児の子どもたちと保育士たちに探してもらおうとするのですが、ワクワクしすぎて先に言ってしまう微笑ましい姿も見られていました。

そして食事では調理の先生がご飯を型抜きしてくれて、遊びと食事通してパーティを楽しんだ子どもたちです。

「子どもたちの喜ぶ姿を想像しながら型を探していたら、自分もワクワクして楽しかった~。」

と話してくれる調理の先生。

そんな愛情も込められたおいしい食事でした!