節分の雰囲気を楽しみました

2020年2月6日 カテゴリー:お知らせ,園内ブログ

3日は節分でしたね。

節分は冬の終わりの日で、4日が立春です。

邪気を落として新しい年が無病息災でありますようにという節分。
くらら保育園の子どもたちもこの伝統行事を楽しみました。

節分には鬼が登場し豆をまいて追い払うのですが、0~2歳児の子どもたちが通う本園では、怖い鬼は登場せず、新聞を丸めたものやボールを豆に見立てて遊びの中で楽しみました。

「おには~そと~」と言いながら、鬼さんの口元にボールを持っていき、「はい、どうぞ」「おいしいっていうてはる!」と食べさせてあげる子どもたち。

子どもたちにとっては鬼さんもお友達のような感覚です。

立春を迎えたというのに急に寒くなってきたり、インフルエンザ等が流行していたりしますが、体調を崩さず元気に登園できるよう引き続き管理や配慮を徹底していきます。

そして、節分の日の食事はかわいい鬼さん。
子どもたちの歓声が響いていました。

余談ですが調理担当からは、
「ちょっと気を許すと、おばちゃんみたいになってしまって…鬼さんに見えるかな?」
愛情たっぷりの食事です!