なつまつりを楽しみました

2020年9月1日 カテゴリー:園内ブログ

今年は梅雨が明けてから短い夏でしたが、毎日様々な遊び方で水遊びを楽しみました。8月の初めには水が顔にかかって泣いていた子どもたちも、1か月経つと積極的に触って遊びを楽しむように。

そこで8月の最後の週に、3日連続の夏のお楽しみ「なつまつり」を開催。

年齢が低いので、お祭りといってもいつもの保育と同じですが、3日間水遊びを中心に繰り返し遊べる環境をつくり、子どもたちの主体的な「それ知ってる!やってみたい」という気持ちや、「あ~、楽しかった!!」と満足感でいっぱいになる経験ができるようにと開催しました。

パネルシアターのお話も興味津々。

ちなみに、言葉だけでなく保育士の表情からも子どもたちは感じ取っているため、保育士は透明のフェイスシールドも使用しています。

そして、たっぷりと水遊びを。

他の日にはえのぐ遊びをしながらうちわ制作もしました。

夏の間に感触を楽しんだり、体を動かして遊んだりして逞しくなってきた子どもたち。

さあ、今日から9月。

まだまだ暑い日は続きそうですが、秋からの保育でも様々な経験を重ねていき、子どもたちの心と体を育んでいきます!